• ホーム
  • 副業でウェブライターをする方法は?ネットビジネス初心者にオススメ

副業でウェブライターをする方法は?ネットビジネス初心者にオススメ

パソコンの前に笑顔の女性

日記や文章を作成するのが得意な方であれば、ウェブライターの仕事をして報酬を得る方法もあります。アフィリエイトサイトや他の多くのサイトでは、文章(記事)の形で情報が提供されています。気軽に読めるようなコラム記事から、学術的な内容までさまざまなジャンルのコンテンツが存在します。当然のことですが、誰かがネット上に掲載されるコンテンツ記事の作成をしなければなりません。最近はサイト運営者がコンテンツ記事の作成を外注で依頼するケースが増えており、ウェブライターとして記事作成をして稼ぐ方法があります。

ウェブライターの最大のメリットは、自分の人生経験を収益化することができることです。仕事や自分の趣味だけでなく、特定の商品・サービスの購入やトラブルなどの人生経験を活用することもできます。インターネットに接続されたパソコンがあれば、誰でもウェブライターの副業を始めることが可能です。

以前は記事ごとにライターが依頼主から受注して記事の作成をする方法が多かったのですが、最近はクラウドソーシングサイトを通して記事作成の依頼をするケースも増えています。初心者の方であれば、クラウドソーシングサイトに登録をして記事の作成をしながら実績を積むと良いでしょう。クラウドソーシングのウェブライターは、インターネットに接続されたパソコンがあれば誰でもできる副業です。簡単な記事作成のお仕事もあるので、副業がしたい方にもおすすめです。

クラウドソーシングの大きなメリットは、初心者のライターが自力で依頼主から受注する必要がないことです。ある程度の実績があるライターであれば、個人的にコンテンツ作成の受注を得ることができます。経験が少ない初心者は、個別に仕事の受注を得ることができません。クラウドソーシングでは登録者は既にサイト運営者が既に受注している案件の中から選べるので、実績の少ない初心者でも手軽に始められます。

初心者が副業でウェブライターを始める場合は、最初は文字数の少ない案件をこなして実績を作ることが大切です。簡単な記事だと収益性が低いのですが、ある程度の実績を積めば文字数の多い案件にチャレンジすることができます。

クラウドソーシングの利用方法ですが、最初にメールアドレスなどを登録してアカウント登録をします。アカウントを作成した後は専用画面にログインして、依頼中の案件を見て自分にできそうなものを選びます。サイトごとに案件の種類や分量・収益性に違いがありますが、報酬は文字数あたり単価で決められるケースが多いです。

ウェブライターは、依頼主の要望に合わせた内容・方法で記事の作成をします。場合によっては自分で調査をしたり、英文の論文や記事を翻訳する必要があります。なるべく多くの案件にチャレンジして、依頼主の要望に合った内容の記事を作成するトレーニングを積むことが大切です。

関連記事