• ホーム
  • 中古ドメインなどのドメインの種類って何があるの?

中古ドメインなどのドメインの種類って何があるの?

色々なSNSのロゴ

アフィリエイトサイトやECサイトを立ち上げて本格的に収入を得るためには、まず最初にブログやサイトを立ち上げる必要があります。
サイトを立ち上げる場合には、ドメイン名(URLの文字列)を取得をします。
ドメイン名は他のサイトと重ならないようにする必要があり、独自に設定した文字列から成るドメインを独自ドメインと呼びます。

ドメイン名とはサイトのURLに含まれる、abc.comとかxyz.orgなどの文字列のことです。
ドットで区切られた末尾のcomとかorgなどの文字列のことを、トップレベルドメインと呼びます。
トップレベルドメインには、国やサイト運営者の種類(会社・公的機関・非営利組織など)を見分けられる文字列が使用されます。
日本を表わすトップレベルドメインはjpで、日本ドメインと呼ばれます。日本ドメインは、日本に住所がある個人または法人が取得することができます。

ドメインにはいくつかの種類があり、サイトの種類や目的に応じて選ぶ必要があります。
サイトを立ち上げる場合は、新規ドメインか中古ドメインのどちらかを取得することになります。
新規ドメインとは誰も使用したことがない文字列から成るもので、他と重ならなければ自由に決めることができます。
中古ドメインとは以前に誰かが使用していた独自ドメイン名で、現在は使用されていないものです。

初期費用アフィリエイトサイトを立ち上げる際は、ドメインを登録するための初期費用が必要です。
誰も使用したことのない新規ドメインであれば、数百円~数千円程度で取得できます。
以前に誰かが使用していて知名度や評価が高い中古ドメインであれば、数千円円~数万円で取引されます。
新規ドメインはサーチエンジンに登録されるまでに1~3ヶ月もの期間が必要ですが、中古ドメインであれば既に登録されているのですぐに検索結果に反映されます。

中古ドメインの取り扱い中古ドメインを取得したい場合には、ドメインを扱う専門のサイトで購入することができます。
取引価格は過去の運用履歴によって大きく異なり、中には10万円を超える場合もあります。
分かりやすい文字列や、過去に優良サイトとして登録されていたドメイン名ほど高値で取引されます。

ブランディング一般的に大手メーカーや一部のブランド品の商標には、名前自体に価値があります。
ドメインについても同じで、一部の文字列にはブランドとして高い価値が認められています。
新規ドメインを取得した場合には知名度やブランド価値がゼロの状態からスタートするので、運用履歴の実績を作らなければなりません。
一部の中古ドメイン名であれば既に知られていたりシンプルな文字列で構成されているので、ブランディングのためのコストが節約できます。

関連記事