• ホーム
  • インスタグラマーって稼げるの?稼ぎ方とは?

インスタグラマーって稼げるの?稼ぎ方とは?

インスタグラムは、文字ではなくて写真などの画像データを共有するためのSNSです。世界中の多くのインスタグラマーが、自分で撮影した写真や作成した画像をネット上に投稿しています。インスタグラムを活用して収入を得ることができ、世界中で多くのインスタグラマーが実際に稼いでいます。

インスタグラマーの稼ぎ方は、大きく分けて4種類があります。インスタグラムで稼ぐ方法とは、インフルエンサーとして企業の集客目的の広告収入を得る・グッズ販売・画像販売・アフィリエイトサイトの宣伝のいずれかです。

インスタグラムにはバナー広告を貼ることはできませんが、企業と契約をして広告用のコンテンツを制作して投稿するなどの方法で報酬を受け取ることが可能です。インスタグラムで企業から広告収入を受け取る方法には、スポンサー報酬・ギフティング広告・PR投稿報酬の種類があります。

スポンサー報酬とは、一定の条件で写真や画像を制作・投稿して企業の宣伝をすることで一定額を受け取れる仕組みです。例えば集客目的で特定のファッションブランドの服を着た写真を投稿したり、スポンサー企業の製品を利用する写真や動画を投稿するなどして広告収入を受け取る方法です。

インスタグラムを活用して、アフィリエイトサイトを宣伝したり誘導をすることも可能です。画像をアップして自分のアフィリエイトサイトの宣伝を行い、プロフィールページにリンク先のURLを登録しておきます。投稿された画像を見てサイトに興味を持った人に、サイトに訪問してもらえます。

インスタグラム自体は収入を得るためのサービスではありませんが、企業の宣伝をしたり自分でグッズや画像コンテンツを販売するなどの稼ぎ方が存在します。アフィリエイトサイトを運営している場合でも、インスタグラムを活用して宣伝をすることが可能です。

ギフティング広告とは、企業からサービスや商品を無料で受け取って撮影した写真などを自分のインスタグラムに投稿して宣伝をする方法です。この方法は、初心者でも簡単に始めることができます。

PR投稿報酬とはインスタグラムに企業の商品などの画像をアップして宣伝を行い、いいねやアカウントのフォロワー数に応じて報酬を受け取る仕組みです。これは、フォロワーの多いユーザーにおすすめの方法です。

インスタグラムを活用して、グッズ販売をする方法もあります。自社の製品や自分のサイトで販売する商品の写真をインスタグラムに投稿することで、宣伝をします。画像販売とは、自分で撮影した写真や画像の販売をするための宣伝にインスタグラムを活用する方法です。縮小版の画像をアップして広告・宣伝を行い、購入希望者にはフルサイズのデータを送信します。

関連記事