• ホーム
  • やってはいけないアフィリエイトサイトの作り方

やってはいけないアフィリエイトサイトの作り方

ネットビジネスで稼いでいる人の多くは、アフィリエイトサイトを活用して広告料などの収入を得ています。自分でサイトを立ち上げる場合はコンテンツやページデザイン・構成などを自分で自由に決めることができるというメリットがありますが、注意しなければならない点もあります。

アフィリエイトサイトにアクセスする人の多くは、Googleなどのサーチエンジンを通してサイトを訪問しています。収益を得るためにはアクセス数を稼ぐことが大切で、そのためにはGoogleなどのサーチエンジンに上位に表示されるためのSEO対策が必須です。

Googleではウェブマスター向けガイドラインを定めていて、ガイドラインに違反するサイトは検索順位が下げられたり結果に反映されなくなるなどのペナルティを受ける恐れがあります。アフィリエイトサイトを作る場合には、Googleのウェブマスター向けガイドラインに沿った方法で各ページを作成することが大切です。収益を上げるためには、Googleのウェブマスター向けガイドラインに違反するNG行為を避けなければなりません。

アフィリエイトサイトを作成する際は、著作権に十分注意を払う必要があります。一般的に文章・画像・動画などには全て著作権が存在し、著作権者の同意を得ずに勝手に使用すると違法行為になってしまいます。Googleのウェブマスター向けガイドラインによると、重複するコンテンツを含むサイトは著作権に問題のあるとみなされてインデックスから削除されてしまう恐れがあります。成功者の作成したコンテンツを丸パクリするといった悪質なケースがありますが、このような行為をすると検索結果に反映されなくなってしまいます。

アフィリエイトサイトを作成する場合には、自分で作成したオリジナルの記事・画像や著作者の同意を得たデータを使用しなければなりません。成功者の方法を真似するだけであれば問題はありませんが、コンテンツの文章やデザインを丸パクリしたり無断で画像や動画を使用する行為はNGです。他サイトの記事内容を利用するは、リライトをして表現を変えるなどして丸パクリにならないようにする必要があります。

自分で作成してサイトに掲載しているコンテンツであれば丸パクリをしても違法行為には該当しませんが、Googleのプログラムに重複記事と判断される恐れがあります。自分のサイト内であっても、重複した記事内容のコンテンツを含めないように注意すべきです。

関連記事